2019/9/15 豊田テーブルトークジム 重量級ボードゲーム会でご用意するゲーム一覧です。

【ゲームタイトル】Fall of magic
【プレイ人数】2-4人
【1ゲームあたりのプレイ時間】2−4時間+インスト10分
【閉会式以降の延長】なし
【ゲーム紹介】
〜魔法は消え、魔術師(メイガス)もまた滅びる
 共に旅立とう 真影の国(アンブラ)へ
 そこは魔法の生まれた地〜
Fall of magic は、魔法の国の地図を辿りながら、一つのストーリーを作るゲームです。
プレイヤーたちは、お話に出てくる「登場人物」を一人決めます。
どんな人かは、「嵐の守り手の騎士 カスピアン」など
名前と肩書きを決め、あとは自由。
魔法の地図には「大鴉の学舎」「動物園 真の魔法を目にする最後の機会」
といった、おぼろげなキーワードだけが書かれています。
プレイヤーは自分の担当する人物が登場する場面を、
地図上の選んだキーワードと共に演出し、次の人の手番に託します。
各人が場面を語ると、今度は「魔法使い」の場面になります。
魔法使いは、この世界の最後の魔法使いで、登場人物がお供する人です。
魔法使いがどんな人かは、皆さんではなしあって決めてください。
各プレイヤーの語る場面と、魔法使いの場面が終わったら、次の地へ旅立ちます。

この世界に残った最後の魔法をどうするか?そもそも魔法とは何か?
たった一つのストーリーをみんなで作る巻物ゲームです。

【公式サイトURL】こちら(購入サイト)
【紹介動画】



◆◆◆◆◆◆

【ゲームタイトル】GUNDAM THE GAME
【プレイ人数】1-4人
【1ゲームあたりのプレイ時間】インスト10分+30分−1時間×最大6本
【閉会式以降の延長】あり
【ゲーム紹介】
TVアニメ『機動戦士ガンダム』がボードゲームになって登場。
本製品では、TVアニメ機動戦士ガンダムから、第1話『ガンダム大地に立つ』~第10話『ガルマ散る』を6シナリオに編成して収録。

各プレイヤーはその固有の能力やアイテムを駆使し、協力して次々とあらわれるストーリーパネル上のミッションに挑む。
ストーリーパネルは伏せられているため、TVアニメのストーリーを懐古して進めながら、ドキドキ感を味わうことができる。
あなたの手で紡がれる6つのストーリーではリュウやカイ、フラウがガンダムを操ることになるのかもしれません。
バトルフィールドではジオン軍もザク、シャア専用ザクはもちろん、マゼラ・アタックやガウなどが多彩な攻撃で立ちはだかります。

「ストーリーパネル」で紡がれる懐かしいストーリー。
「戦闘イベントカード」によって実現した全プレイヤー協力型バトル。
登場キャラクターになりきって、珠玉の機動戦士ガンダムを追体験してください。
(AMAZON 商品説明より)

【公式サイトURL】こちら(ボドゲーまの紹介サイト)
【紹介動画】(アークライト公式Youtubeチャンネルより)


【持ち込み募集中です】