豊田テーブルトークジムは、愛知県豊田市で活動する、テーブルトークRPGやボードゲームを通じて、人の想像力を育てることを目的とするゲームサークルです。

豊田テーブルトークジムの4大綱領
1・交流
愛知、豊田市でテーブルトークRPG(以下TRPG)やボードゲームがやりたい人たちをつなぐ
2・想像力の鍛錬
TRPGを通じて、人の想像力を鍛える
3・居場所の発見
 TRPGを通じて、参加者一人一人に居場所・役割(ロール)を与える・自分のいい所に気づいてもらう
4・地域貢献
ゲームを通じて、豊田という地域を盛り上げ、貢献する

<サークル名の由来>

テーブルトークRPG界の第一人者である「ファーイースト・アミューズメント・リサーチ(FEAR)」の社長、鈴吹太郎は著書の中でこう言っています。

「我々は、簡単なゲームを提供するつもりは、さらさらない」

ゲームを「簡単な」作りで世に出さないというポリシーは、売れるゲームを出すパブリッシャたちが、口をそろえて言う言葉です。
ボードゲーム、特にテーブルトークRPGは、
まずルールブックが分厚い、
遊ぶのにまずゲームマスターが必要だ、
やってみたら1日費やした…などなど、遊ぶのがとても大変です。

我がサークルでは「簡単な」ゲームを提供しません。

どんな趣味でも言えることですが、始めるまでが大変なのです。
でも、やり方を覚えて、ゲームが楽しくなった時、
あなたは、新しい概念を知り、多くの仲間を得ていることでしょう。

テーブルトークRPGやボードゲームが面白そうだけどなかなか踏み出せない。
周りに一緒にやろうという仲間がいない。
そんな人たちをお助けし、共にゲームを楽しむ。
うまく遊ぶお手伝いがしたい。
ゲームをうまく遊ぶために「自らを鍛える」場所として、
ジムとつけました。